思ったより難しい!

「じゃあ今日はこんなことしてみましょうか・・」
ぽっかぽか塩尻では最近、マシンリハビリの合間に洗濯バサミを使った指先のリハビリを行っています。
「Aさん、Sさん、この洗濯バサミをですね」
「なになにつまめばいいの?」
「そうなんです。でも!親指と人差し指ではなくて”親指と小指”でやっていただきたいのです(にやにや)」
「ほうほう。どれどれ、おや!全然できないよ~!」
「おどけた!力が入らないわぁ」
なーんてやりとりをしながら、つまみ損ねた洗濯バサミをパチンパチンとあっちこっち飛ばしながら、どうにかこうにか容器にはさんでいくAさんとSさん。お二人ともきゃあきゃあ言いながら、自分の指と楽しく格闘されました「小指と薬指に力が入り、安定すると、他の3本の指が自由に動かせるんです。力が入らないと握力も無くなっちゃうんですよ」
「へえ~」
「お箸を使う時や、字を書く時に実は使っていますね」
「そっかー。なんの気なしに使っているけどこうやってつまんでみるとこんな簡単なことができないとは思わなんだ」
親指が小指の方まで自由に動くことで、掴んだりつまんだりと手の機能が広がるそうです。手って不思議・・・。
機能訓練指導員とのこんなやり取りを、他の職員も一緒になって勉強しています。

うす曇りが続く8月が開けました。今年の8月の壁紙はこちら。
梅雨明け前の方がカンカン照りで「アイスが食べたい」「氷が食べたい」と盛り上がって食べたさ一心で?特大のかき氷を作ったのでした。
ポイントは、欲張ってメロン味とイチゴ味にしたこと、よりかき氷らしくなるようにティッシュをこよって散らしたところです。ふたつともご利用者様のアイディアです。氷はすべてちぎり紙です。
皆さんどうぞ召し上がれ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です