かわいいお客さま

ある日の送迎時・・・

A様宅に到着すると、こんにちは~と歩きながらA様の左手に青いものが握られていました。

「Aさんこんにちは!そちらは何ですか?」「これはねえ、おやつ草」「おやつ?草ですか?実がついてますね」「ふふふ。ためしてみようと思って摘んできた」とA様は含み笑いをされます。「ためすって?」私も興味津々。よくよく聞くと、3時になると実が開いて花が咲く、というのです。えぇ~!ホントに?3時に咲くの?だからおやつ草?

「ほんとの名前はホシヅキソウっていうだよ」とA様。

とっても小さな、2ミリくらいの飴色の実がゆれています。

13:30、全員お揃いになると、皆さんにも質問されます。

かくかくしかじか。「ええ~~!本当に?!」

「そんなわけで3時にちゃんと咲くか、試してみようと思ってね。」「でもちょっとぐったりしてるよ」「そうですね・・もしかしたら30分くらい遅れるかもですね」「出がけに摘んだけどそのまま来ちゃったからねえ」「でも咲くと良いね」

なーんて盛り上がりながら始まりました。

そしてお待ちかねの3時。

「どうかや~」

「う~ん。これってまだですよねえ」

「ふむ。やっぱりくたびれていたのが障ったか」

 

そんなこんなで頭と身体の体操を終え、4時過ぎにティータイムとなりました。

「わ!」「か~わいい!」「やだちょっと咲いたよー」

ユニークなかわいい花が咲きました。ホシヅキソウ。
またつぼんで明日も咲いてくれるそうです。

ぽっかぽか塩尻に来た ”かわいいお客さま” でした。

A様、ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です