夏野菜で暑い夏を乗り切ろう!

7月に入り梅雨ももうじき明け、夏が始まりますね!

そこで塩尻では夏野菜をテーマにした壁紙を作成しました!

夏野菜の特徴として緑黄色野菜が多く、夏バテ、熱中症予防に効果のある栄養価の高いものが多いです。

そこで、おすすめの夏野菜を3つ紹介します!

1つ目は、トマトです!

トマトには、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、リコピン、βーカロテンなどが含まれており、中でも特徴的なのがリコピンで生活習慣病予防や老化を抑制する効果があります。

2つ目は、きゅうりです!

きゅうりは90%以上が水分で栄養がない野菜なんて言われますが実は、βーカロテン、ビタミンC、ビタミンK、カリウムなどが含まれています。また、利尿作用のある成分も含まれているため、余分な水分を排出し、むくみを解消する働きもあります。

3つ目は、ピーマンです!

ピーマンにはビタミンCやK、Eのほかに、辛み成分のカプサイシンが含まれています。ビタミンCには疲労回復やストレスを和らげる効果があり、カプサイシンの成分には脂肪を燃焼する働きがあるためダイエットにも効果があります。

その他にもトウモロコシやオクラ、ゴーヤなどの夏野菜にもたくさんの栄養が含まれています。これらの野菜と肉や魚をバランスよく取り暑い夏を乗り越えましょう!

関連記事